水濡れに強い!食品工場に最適なステンレス製安全柵

工場の安全対策は十分ですか?

危険な場所があるのは分かっているけれど、入ると危ないことは皆知っているからとくに対策していない… ということはありませんか?

接触事故が起きる前に、しっかり対策しておきたいところです。

 

そこで、今回は食品工場に最適なステンレス製安全柵をご紹介します。

アルミ製よりもさらに水に強いステンレス製ですので、洗浄することができ、安全柵を衛生的な状態に保つことができます。

 

さらに、水に強いだけではなく、

・支柱部分はコの字の構造になっているので、清掃しやすく、ほこりや残留物

 が蓄積するのを防ぐ

・水の溜まりやすい箇所に傾斜をつけて、水が溜まりにくい構造

・洗剤および消毒剤による耐久試験をクリア(2000回洗浄・6年間の使用)

・耐腐食性や高圧ウォータージェットに対する耐久性に優れる

などの特徴があり、食品工場での使用に耐え得る構造になっています。

 

もう一つ、こちらの安全柵の特徴として、

お客様の現場に合わせて設計・カットされた安全柵のパーツを、お客様ご自身で組み立てることが可能である点です。

組み立ては、固定強度とシンプルな構造を兼ね備えた締結具により、簡単、かつ、効率的に組み立てることが可能です。

(※但し、脚の固定にはアンカーを打つ必要があります。アンカー打ちの作業はご相談ください。)

よって、特注製作よりも費用を抑えることができます。

 

 

イタリアのメーカーですが、日本国内に在庫を保有し、大手自動車メーカーや食品メーカーなどでの導入実績も多数あります。

 

いかがでしょうか?

安全対策をご検討される際には、こちらのステンレス製安全柵を思い出していただき、ぜひ弊社にお問合せください。

 

食品工場物流ナビを運営する板橋工業では、豊富な商品知識を持ったスタッフが、お客様の要望や状況を丁寧にヒアリングし、最適な提案をさせていただきます。

まずは、ぜひお気軽に、食品工場物流ナビへお問い合わせくださいませ。

食品工場の物流設備機器に関する
お悩みを解決!!

このページの先頭へ