危険な万年塀(まんねんべい)が生まれ変わる!基礎工事不要の改修アルミフェンス

お客様の事業所の塀に、万年塀(まんねんべい)はあるでしょうか?

万年塀とは、鉄筋コンクリート製の支柱と、その間に平板を挟んでつくられた塀のことです。

万年塀

 

1970年代頃までに多く建てられた構造ですので、今私たちが目にしている万年塀は少なくとも50年以上経っていることになります。

 

長い年月を経て老朽化が進んでいますので、自らの重さで傾いてしまう危険性や地震の発生によって倒壊してしまう危険性があります。

 

例えばパネルが5段ある万年塀の場合、万年塀一つ分(高さ約1.8m、幅約1.8m)は、パネルとその上の笠木部分を合わせて約250㎏の重量があります。

これが人の上に倒れた場合、大事故になってしまう恐れがあります。

 

よって、通学路など、人が行き交う道路に面している万年塀は早めに対策をとることが望ましいです。

 

一方で、万年塀の撤去には多額の費用がかかります。

万年塀は支柱の基礎を、地中に埋めることによって支えています。

そのため万年塀を撤去する際は、地中に埋まっている基礎部分を掘り起こす作業が必要になりますので、撤去するだけでもかなりの費用がかかってしまいます。

 

そこで今回は、基礎工事不要で改修できるアルミフェンスをご紹介します。

基礎工事不要の改修アルミフェンス

 

こちらのアルミフェンスは、万年塀を全て撤去して交換するのではなく、既存の基礎や支柱を活かして、アルミパネルに換装するという商品です。

 

基礎が地中深くに埋まっているため、支柱には強度があり、そのまま活かすことができます。

基礎や支柱をそのまま利用することにより、基礎工事が不要になりますので、工期が短縮でき、コストを削減します。

 

<施工の流れ>

①コンクリート基礎や支柱を残し、コンクリート板を撤去します。

コンクリート板の撤去

 

②コンクリート支柱にアルミパネル取付枠をセットします。

(※支柱自体が劣化している場合は支柱の補強や交換をします。)

アルミパネル取り付け枠をセット

 

③アルミパネルを上部からスライドして差し込み、取付枠にビス留めします。

アルミパネル差し込み

 

④支柱カバー・笠木ジョイント・笠木を取り付けて完成です。

支柱カバー・笠木ジョイント取り付け

アルミフェンス完成

 

重いコンクリートの塀を軽くて丈夫なアルミパネルにすることで、震災時の倒壊被害を最小限に軽減することができます。

(万年塀一つ分:約250㎏ → アルミパネル一つ分:約35㎏)

 

基礎や支柱を再利用するため、コンクリートなどの産業廃棄物を少なくすることができ、環境負荷を軽減することができます。

 

さらに、老朽化して落書きや黒ずみのある古いイメージの万年塀が、アルミパネルの塀に生まれ変わることで、会社のイメージアップに繋がります。

 

いかがでしょうか。

 

万年塀の対応でお困りのお客様は、ぜひ私たちにご相談下さい。

その他営繕工事で、どこに相談したら良いのか分からないというお客様も、私たちにご相談下さい。

 

食品工場物流ナビを運営する板橋工業では、豊富な商品知識を持ったスタッフが、お客様の要望や状況を丁寧にヒアリングし、最適な提案をさせていただきます。

 

どうぞ、お気軽に食品工場物流ナビへお問い合わせください。

 

御社名
必須
お名前
必須
ふりがな
メールアドレス
必須
お電話番号
必須
郵便番号
都道府県
市区町村
町名・番地
ビル名等
お問合せ内容(複数選択可)
必須
ご用件

※上記、見積依頼、資料請求にチェックを入れたお客様は、ご用件欄に商品名をご入力いただきますようご協力よろしくお願いいたします。

お問い合わせ内容の送信が完了いたしました。

ご返信が必要な内容に関しましては、担当よりご連絡をいたします。

もしご連絡がない場合には、ネット上のなんらかのトラブル等でお問い合わせメールが届いていない可能性がございます。
その際にはお手数をおかけして申し訳ございませんが、再度のお問い合わせをお願いいたします。

食品工場の物流設備機器に関する
お悩みを解決!!

このページの先頭へ