乾麺用ラインと投入装置の追加導入で、人員を2名削減した事例

乾麺用ラインと投入装置の追加導入で、人員を2名削減した事例

製品写真

概要

こちらの工場では、生産量を上げることを目的として、当初は乾麺スケールのみの増設を検討されていました。その際に、包装機への製品投入は手で直接投入することを検討されていたため、スケールを導入することによって、こちらの工程にあたる人員を2名増やさなければならない問題が発生しておりました。その結果、新しい人員を増やすことは難しいとなってしまい、導入を断念せざるを得ない状況になってしまいました。

 

そこで、弊社から「既設ライン」と「新設ライン」の合流~投入までを追加提案させていただきました。また、金額も5年で償却可能な金額であれば、導入可能とのご返答をいただいたため、弊社で償却費の概算を算出させていただきました。

 

合流ラインと投入装置は合計12,000,000円

パート一人につき年間1,500,000円×2名×5年=15,000,000円

 

結果として、こちらの製品を導入した方が、経費削減につながるということが分かり、販売に至りました。

 

このように板橋工業では、お客さまにご納得いただけるようなご提案をさせていただいております。工場におけるコストカットはもちろん、新設ラインなどの導入は、板橋工業にお任せください。

製品仕様

コストダウン効果

新規設備導入に伴う人員2名増員を自動化

概算価格

お問い合わせください

製品分類
  • マテハン機器(工場内物流)
食品工場の種類
工程
  • 投入
タグ

食品工場の物流設備機器に関する
お悩みを解決!!

このページの先頭へ