ラムネ計量システム導入で、作業者の業務を効率化した事例

ラムネ計量システム導入で、作業者の業務を効率化した事例

製品写真

概要

こちらの工場では、菓子等を製造しております。従来では、作業者が5分に1回程度、一斗缶にたまった製品の量を確認したうえで、一定量に達した時点で一斗缶を交換しなければなりませんでした。そのため、作業者は一斗缶の状態を常に監視していなければならず、製造中はその場から離れられない状態でした。

 

そこで、板橋工業から計量システムを提案させていただき、導入いただきました。こちらの装置は、一斗缶をあらかじめ4缶待機させ、1缶ずつ排出し、さらに計量器を利用して8kgに到達した時点で払い出す仕組みを設定の上、導入させていただきました。その結果、以前のように作業者が常に監視する必要がなくなり、最大で20分程度、現場から離れられるようになり、人的コストの削減をすることができましたそのうえ、20分程度離れている時間の間に、別の作業にあたることが出来るようになり、作業効率の大幅な向上にもつながりました。 また、こちらの装置は本来、一斗缶等を使用する設計ではありませんでしたが、特注でクロムメッキ加工を行うことにより、耐久性の向上も実現しています。

 

以上のように、板橋工業では食品工場における「課題」に対して、お客様に合わせた解決策をもって、お客様の業績向上のサポートをさせていただいております。もし、食品工場の「作業効率」についてお悩みをお持ちでしたら、お気軽にお問い合わせください。

製品仕様

コストダウン効果

人的コストの削減

概算価格

86万円

製品分類
  • マテハン機器(工場内物流)
食品工場の種類
  • お菓子
工程
  • 検査
  • 投入
タグ

食品工場の物流設備機器に関する
お悩みを解決!!

このページの先頭へ