プレハブ冷蔵庫導入で、製品品質を向上した事例

プレハブ冷蔵庫導入で、製品品質を向上した事例

製品写真

概要

こちらのの企業様では、味噌を中心に製造されております。味噌を製造する際には、熟成する必要があります。しかし、従来こちらの工場には熟成するための保管施設がなく、建屋内の複数個所にて保管を行っていました。その結果、季節や場所の温度に影響される形で、熟成のスピードや味噌の色、風味などにムラが生じてしまうという課題が発生しておりました。


そこで弊社から、約5坪程度のプレハブユニットを建屋内に設置し、そこに中温用エアコン(15℃~30℃)を導入することをご提案させていただきました。その結果、そのプレハブユニット内や年中同一の温度に保つことが出来るようになり、年間を通して安定した製品を生産することが可能となりました。


このように板橋工業では、特に食品工場様における課題解決を強みとしております。そして、お客様の課題に対して、各種最適な機器選定から、導入までのご提案をさせていただいておりますので、まずはお問い合わせください。

製品仕様

コストダウン効果

製品品質の向上

概算価格

107万円

製品分類
  • その他(製品分類)
食品工場の種類
  • 生鮮(野菜・果物)
  • 穀物(麦・米など)
工程
  • 保管
  • 冷凍・冷蔵
タグ

食品工場の物流設備機器に関する
お悩みを解決!!

このページの先頭へ