真空定量充填機導入で、作業者を3人から1人へ大幅に削減した事例

真空定量充填機導入で、作業者を3人から1人へ大幅に削減した事例

製品写真

概要

こちらの工場では、食肉加工を主に行っております。ソーセージの充填作業において、従来では油圧の充填機を使用しておりました。しかし、タンクの容量が30Lしかないため、頻繁に補充する必要があったこと、スイッチを押している間だけ内容物が出てくる設計であったため、同時に定量を計ることが出来なかったことと、その結果として過不足が出来た際の充填・取り除く作業、はかりで計る作業が発生しており、工数のロスが発生しておりました。


そこで、弊社から真空定量充填機をご提案させていただきました。真空定量充填機とはホッパー内の肉を真空ポンプで機械内部に引き込み、機械内部のスクリューの回転数により定量充填する機械です。
この構造から、従来の工数ロスの原因であった定量が計ることが出来ない、という課題を解決することが出来るようになったとともに、ホッパー容量も300Lと大型化したため、従来3名で行っていたこの作業を1人まで削減することに成功し、大幅な工数削減につながりました。


このように、食品工場の生産工程における工数削減をお考えでしたら、経験と実績を豊富に持つエンジニアリング商社、板橋工業までお気軽にご相談ください。

製品仕様

コストダウン効果

作業効率が2倍以上に改善

充填にあたる作業者を3人から1人へ

概算価格

お問い合わせください

製品分類
  • マテハン機器(工場内物流)
食品工場の種類
  • 食肉・鶏卵
工程
  • 包装・梱包
タグ
製品能力

肉の種類・量など50種類登録可能
ホッパー容量300L
スイッチ一つで4.0g ~ 9,999.9 gを定量充填可能

プラスチック等のケーシングへの充填、トレイ載せ・瓶詰めも可能

食品工場の物流設備機器に関する
お悩みを解決!!

このページの先頭へ