段ボールのテープ貼り業務を自動化した事例

段ボールのテープ貼り業務を自動化した事例

製品写真

概要

こちらの工場では、食品原材料製造及び販売を行っております。
以前は、出荷用の段ボールに対し、約300ケースを2人で1.5時間程テープ貼りしていました。以前よりテープ貼り業務に対して、社員の負担が大きいため自動化の検討をされておりましたが、実機を確認する機会もなく、設置スペースが不足しているという問題もあり、実現には至っておりませんでした。

 

今回、展示会にて弊社が展示した角貼り機の実機をご覧になられ、製函とH貼りの自動化ついて具体的に検討されることになりました。その一方でお客様自身、「自社に導入できるのか」「スペース的に大丈夫なのか」というご不安をお持ちでしたが、弊社営業から工場スペースに設置可能なレイアウトをご提案させていただき、導入するに至りました。

製函機と角貼り機を導入後は、テープ貼り業務の自動化に成功。それに伴い、テープ貼り業務を行っていた社員は、ほかの業務に従事することができるようになり、大幅な効率化に成功しました。

 

このような、食品工場の部分的な自動化、各種業務の自動化なら、実績が豊富な「食品工場物流ナビ」にお任せください!

お問い合わせは下記より、お気軽にどうぞ。

製品仕様

コストダウン効果

<導入前>

約300ケースを2人で1.5時間ほどテープ貼りを実施していた。また、まとめてテープ貼りを実施したほうが効率が良いため、一度に大量にテープ貼りを実施し、作り置きをしておりました。

 

<導入後>

導入後:テープ貼りを自動化したため、テープ貼り業務はなくなり、テープ貼り業務に従事していた社員がほかに業務を行えるようになりました。また、自動かつ素早くテープ貼りを実施できるため、作り置きの必要もなくなりました。

概算価格

お問い合わせください

製品分類

 

  • 製函機・封函機
食品工場の種類

 

  • 調味料
工程

 

  • 製函・封緘
タグ

食品工場の物流設備機器に関する
お悩みを解決!!

このページの先頭へ