こびりついた焦げがキレイに!ブラスト処理による金型クリーニング事例

こびりついた焦げがキレイに!ブラスト処理による金型クリーニング事例

製品写真

概要

お菓子などを焼くときに使われる金型・容器・トレー等は、長年使用していると、日常の洗浄だけでは、こびりついた焦げが落とせなくなってきます。

これを放っておくと、製品自体の品質にも影響してしまいます。

 

そこで今回は、こびりついてしまった焦げを、ブラスト処理でキレイにクリーニングした事例をご紹介します。

 

お客様の工場では、金型を使ってお菓子を焼いています。

金型にこびりついてしまった油脂やカスによる焦げを、2週間に一度、強アルカリ洗剤で丸一日間、つけ置き洗浄していました。

日々、使用していると、こびりついてしまった焦げが落ちにくくなり、こびり付きが酷い場合は、ブラシの擦り洗いと併用して洗浄していました。

 

金型の汚れ落ちが悪いと、生地の焼きムラや、金型の剥離性が落ちてしまい、形崩れや、焦げの付着などにより、出荷できない製品になってしまう事もあるそうです。

 

そこで、ブラスト処理による金型のクリーニングを提案しました。

洗浄では落ち切らないこびりつきを、細かい研磨剤粒子を圧縮した空気に混ぜ、高速で吹きつけて、削り落とすという方法です。

研磨剤粒子には、非常に多くの種類があり、素材や目的に合った選定が重要です。

 

サンドブラスト

 

ブラスト処理によるクリーニングについて、お客様にご理解いただけましたが、クリーニング後に剥離性がなくなってしまうと困るということで、実際にテストすることにしました。

 

テストでブラスト処理をした金型を、2週間使っていただいたところ、

・強アルカリ洗剤のつけ置きのみでほぼこびりつきが落ちる

・油が金型に浸透しやすくなり剝離性が復活

金型ブラストクリーニングを行う事で、新品の金型に近い状態に復活することが分かりました。

クリーニング前後

クリーニング前の金型表面とクリーニング後の金型表面 (※お菓子を流し込む部分ではなく、金型の裏面部分の画像です)

 

 

テスト結果が良好であったことから、お客様の工場の金型全てに対して、ブラスト処理によるクリーニングをご採用いただける運びとなりました。

 

ブラスト処理後、2週間に一度の強アルカリ洗剤のつけ置きを、丸一日から約半日に変更し、水洗いするだけで、剥離性が本来の状態に戻ったそうです。

今後は、2週間に1度のつけ置きを、3週間に伸ばしてみるとのことです。

 

さらに、ブラスト処理による金型クリーニングは、金型を更新する場合と比較して、大幅なコスト削減となり、お客様に大変喜ばれました。

 

いかがでしょうか?

 

今回は、お菓子の金型のこびりつきを削り落とすという事例でしたが、ブラスト処理は、削る以外にも、鍛える、磨く、機能面創出といった、様々な利用価値があります。

(機能面創出ついては、こちらの記事もご覧ください。)

 

ブラスト処理でこんなことできないかな?と思われたことがありましたら、ぜひ私たちにご相談ください。

 

食品工場物流ナビを運営する板橋工業では、豊富な商品知識を持ったスタッフが、お客様の要望や状況を丁寧にヒアリングし、最適な提案をさせていただきます。

 

どうぞ、お気軽に食品工場物流ナビへお問い合わせください。

御社名
必須
お名前
必須
ふりがな
メールアドレス
必須
お電話番号
必須
郵便番号
都道府県
市区町村
町名・番地
ビル名等
お問合せ内容(複数選択可)
必須
ご用件

※上記、見積依頼、資料請求にチェックを入れたお客様は、ご用件欄に商品名をご入力いただきますようご協力よろしくお願いいたします。

お問い合わせ内容の送信が完了いたしました。

ご返信が必要な内容に関しましては、担当よりご連絡をいたします。

もしご連絡がない場合には、ネット上のなんらかのトラブル等でお問い合わせメールが届いていない可能性がございます。
その際にはお手数をおかけして申し訳ございませんが、再度のお問い合わせをお願いいたします。

製品仕様

製品分類
  • 加工品(部品)
食品工場の種類
  • 麺・パン
  • 菓子類
  • 弁当・総菜
工程
  • 加工(製品製造)
タグ

食品工場の物流設備機器に関する
お悩みを解決!!

このページの先頭へ