超低温フリーザー・保冷剤

食品工場の効率化を改善!これからは超低温がドライアイスの代わり!

 

毎日多くの食品が使われている食品工場。

 

食材を保存するのにドライアイスは欠かせません。

 

しかし、近年ドライアイスは日本で福産される二酸化炭素の量が減少しているため不足しており、過去には韓国から1万トン以上も輸入された事例があります。

 

このように、近年ではドライアイスの入手性が悪くなってきたため、以前とは異なる保冷方法をお探しの方も多いと思います。

 

そこで、この記事では「ドライアイスに代わる」新しい保冷製品を紹介します。

 

次世代の保冷方法は「超低温フリーザー」で決まり!

 

上述した通り、ドライアイスの不足により開発されたのがこちら、超低温フリーザー「AFZ-120」と「AFZ-250」。

 

専用の保冷剤とセットで使用することで、ドライアイスの代わりとして使えるフリーザーです。

 

専用の保冷剤を使えばー120℃まで冷却でき、ドライアイスの代わりと言いながらも、超低温と長時間の保冷を可能としており、その効果はドライアイスと同等ともいえます。

 

電気仕様は、AC100Vと家庭用電源でも利用できるため、一般家庭でも利用可能。

 

内容量も、120L250Lがあり大容量で物を保冷できます。

 

ドライアイスが不足している今、それに代わる画期的な保冷方法として開発されました。

 

「ドライアイスが手に入らない」など困っている方には、ぜひおすすめです。

 

超低温フリーザー専用保冷剤とセットでー45℃を実現!

 

見た目は一般的な保冷剤と変わりありませんが、上記で紹介した超低温フリーザーの専用の「成型ブロー容器保冷剤」です。

セットで使用することで、市販の保冷剤では保持できない-45度以下の冷却保持を実現できます。

 

ドライアイスの代替として、物流や食品関連、医療業界などから要望があり生まれた製品です。(特許出願中)

 

最近は夏も非常に猛暑が続くため、一般的な保冷剤ではすぐに溶けてしまいますが、これで食べ物や飲み物を冷やせば、傷むことを防げる確率が上がるので食中毒対策にもなり便利です。

 

食品工場は「安心・安全」で食材を守る

 

食品工場は大量の食材を保持しているため、常に管理体制をしっかりしていないと大変なことになります。

 

また、温度や生ものに気を使うという意味では、物流や医療業界も同じです。

 

ドライアイスが不足している今、超低温フリーザーと専用保冷剤は非常に理想的な製品といえるのではないでしょうか。

 

ぜひ一度お試しください。

 

食品工場の物流設備機器に関する
お悩みを解決!!

このページの先頭へ